TOP 有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」

行事詳細

第41回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」(オンライン)

※新型コロナウィルスの感染症拡大に伴い、オンライン(Zoom)にて開催させていただくことになりました。

      PDF版プログラム

主催/有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

 このセミナーは化学を専攻する学部学生、大学院生及び若い研究者を対象に、明日の有機合成を考える会として昭和55年より開催いたしております。第一線で御活躍の先生方に研究の基本から新方法論の展開及び標的物質へのアプローチなどの話を通して、有機合成の意義と重要性を分りやすくご講義いただきます。
 また、若手研究発表(プレゼンテーション & 質疑応答)を設けており、優秀な発表には優秀研究発表賞を授与いたしますので、奮って御参加下さいますよう御案内申し上げます。

日時 令和3年 8月 4日(水)9:25 ~ 17:30
配信手段 オンライン (Zoom)<講演・若手研究発表>
プログラム 開会挨拶 (9:25-9:30)
1.招待講演 「ビアリール型人工アミノ酸の創製を起点とする触媒開発」 (9:30-10:20)
  京都薬科大学創薬科学系 教授 古田  巧 氏
2.若手講演 「分子の形と元素の性質が奏でる多彩な光機能有機分子材料」 (10:25-11:05)
  大阪大学大学院工学研究科 准教授 武田 洋平 氏
3.若手講演 「蛋白質ラベル化に基づくペプチド系天然物生合成のケミカルバイオロジー研究」(11:00-11:50)
  近畿大学薬学部 講師 石川 文洋 氏
4.若手研究発表 (12:30-14:40)
 <前半60分(12:30-13:30)、後半60分(13:40-14:40)>
 [プレゼンテーション(3分) & 質疑応答(12分)]
5.招待講演 「遷移金属触媒を用いる新規カップリング反応の開発」 (14:50-15:40)
  大阪市立大学大学院理学研究科 教授 佐藤 哲也 氏
6.招待講演 「オピオイド副作用緩和薬ナルデメジンの創製」 (15:45-16:35)
  塩野義製薬(株)先端医薬研究所
   プリンシパルサイエンティスト 稲垣 雅尚 氏
7.招待講演 「がん細胞可視化のためのアクティベータブルプローブの開発と応用」 (16:40-17:30)
  京都大学大学院工学研究科 教授 大江 浩一 氏
定員 講演会: 400名 / 若手研究発表: 80件
参加費 企業・大学・官公庁(研究室):8,000 円
企業・大学・官公庁(個人):3,000 円
学生(個人):2,000 円 
(要旨集代<電子ファイル>を含む)
<振込手数料は各自でご負担願います。>
参加申し込み Webからご登録ください。
※研究室でお申し込みの方は、代表者1名のみお申し込みください。(申し込み後にExcelフォームにて、参加者全員のリストをご提出願います。
Web参加登録(クリックすると登録ページが開きます)
           https://ssl.alpha-prm.jp/soc-kansai.org/form/form-wakate.html
       (参加登録フォームQRコード)

もしくは「有機合成若手セミナー申込書」と題記の上、
(1) 氏名
(2) 大学名(学年(役職)、研究室名も必ず)または勤務先(所属も必ず)
(3) 連絡先(住所・TEL・E-mail) 
(4) 若手研究発表の有無(発表者は 優秀研究発表賞の審査エントリーの有無)
(5) 会員資格(有機合成化学協会 or 日本薬学会 or 会員外)
を明記し、有機合成化学協会関西支部宛にE-mailにて お申込下さい。
E-mail参加登録(必要事項をご記入の上、送付ください)

E-mail: seminar@soc-kansai.org
FAX : 06-6443-6685
郵送 : 〒550-0004
大阪市西区靭本町1丁目8番4号
(大阪科学技術センタービル6階)
※参加登録をいただいた方には、7月下旬頃にWEB配信の聴講方法についてお知らせさせていただきます。

*参加費の送金は、銀行振込(りそな銀行御堂筋支店 普通預金No.0035401公益社団法人有機合成化学協会関西支部)、郵便振替(00970-8-159429公益社団法人有機合成化学協会関西支部)のいずれかをご利用下さい。

ご入金をいただいた方には、セミナー終了後に領収書を発行いたします。
 注意事項 ※オンライン配信ツールは「Zoom」を利用します。
※参加登録をいただいた方には、7月下旬頃にWEB配信の聴講方法ついてE-mailでお知らせします。
※パソコン・タブレット等、聴講(受信)に必要な機材や設備は各自でご準備ください。
※講演資料の録画・録音は固く禁止します。
これらの行為を発見した時は、強制退出させていただきます。
(許可なく資料を録画・録音して第三者への譲渡、無断でSNS等で公開することは犯罪です。)
申込締切日 若手研究発表:6月30日(水)
参加申し込み:7月9日(金)
若手研究発表募集 若手研究発表希望の方は以下の要領でお申込み下さい(但し、発表者の年令は35歳未満が望ましい)。
<発表申込方法>
「若手セミナー発表申込」と題記の上、(1)~(4)をメール本文に記載し、(5)を添付ファイルとして、E-mailにて
wakate41[at]c.s.osakafu-u.ac.jp ([at]の部分を@に置き換えて下さい。) へお送り下さい。
(1) 表題(和文)
(2) 所属(大学名・学部等名・専攻名・所属研究室名を省略せずに明記してください)・氏名(共同研究者も併記、発表者名の前に○印付加)・E-mail アドレス(発表者のみ)
(3) 主催学協会会員・非会員を明記(会員の場合は学協会名も明記)
(4) 優秀研究発表賞へのエントリーの有無
(5) 予稿原稿のWordファイル、PDFファイル、図の元ファイルの3点を添付してください(予稿原稿作成要領に従って、テンプレートを使用して作成してください)

発表者で優秀研究発表賞の審査にエントリーされた方を対象に審査を行います。今回より受賞の対象は、有機合成化学協会 もしくは 日本薬学会の会員に限ります。

発表申込先E-mail:wakate41[at]c.s.osakafu-u.ac.jp
    ([at]の部分を@に置き換えて下さい。)
発表申込締切日/ 6月30日(水)必着 (先着80件まで受付ます)


予稿原稿作成要領  ○予稿原稿テンプレート

若手研究発表要綱  ※今回はオンライン開催のため、ポスター形式の発表ではありません。
(1) 若手研究発表は、「Zoom」のブレイクアウトルームと資料共有の機能を利用します。
(2) 前半(12:30-13:30)と後半(13:40-14:40)に分けて、それぞれ10グループ(ルーム)程度に分かれて発表していただく予定です。
(3) 発表の持ち時間は、プレゼンテーション(口頭発表)3分、質疑応答12分 合計15分です。
(4) 発表に使用するスライド(パワーポイント・PDF等)は、3分で発表できる範囲の枚数をご準備願います。(質疑応答用に別のスライドご準備いただくことは問題ございません)
(5) 資料共有などの発表に関する操作は、発表者ご自身でお願いします。
問い合わせ先 〒550-0004
大阪市西区靭本町1丁目8番4号
有機合成化学協会関西支部事務局
TEL:06-6441-5531 FAX:06-6443-6685
メールでのお問い合わせはこちらから
PAGE TOP